今週のKobo【小説・エッセイ新刊】まとめ/湊かなえ/上橋菜穂子/村山由佳/白石一文/乾ルカ/浅田次郎/西村京太郎/椎名誠/など(9月2日〜8日)

140909-weekly-novel.png

この1週間(9月2日〜8日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します! 

この1週間に発売された小説・エッセイから

白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件(集英社文庫)
著者: 湊かなえ
価格: 605円6%OFF!


化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

明日は、いずこの空の下明日は、いずこの空の下
著者: 上橋菜穂子
価格: 1,134円19%OFF!


高校生の頃から、これまでに訪れた様々な国々での出来事をつづりながら、「あの頃の私」が「いまの私」になっていくまでを書いてみようと思います。(メッセージより)*小説現代2013年1月号(2012年12月22日発売)から約2年間連載されたエッセイを書籍化! 受賞記念特別寄稿2編をあわせた、22編を収録。

花酔ひ花酔ひ(文春文庫)
著者: 村山由佳
価格: 640円1%OFF!


『ダブル・ファンタジー』を超える、衝撃の官能世界! 恋ではない、愛ではなおさらない、もっと身勝手で、純粋な何かーー。浅草の呉服屋の一人娘、結城麻子はアンティーク着物の仕入れで、京都の葬儀社の桐谷正隆と出会う。野心家の正隆がしだいに麻子との距離を縮めていく一方、ほの暗い過去を抱える正隆の妻・千桜は、人生ではじめて見つけた「奴隷」に悦びを見出していく……。かつてなく猥雑で美しい官能世界が交差する傑作長篇。

幻影の星幻影の星(文春文庫)
著者: 白石一文
価格: 550円


この世はすべて幻影? 震災後の生と死を鋭く問う、白石一文の問題作!酒造メーカーに勤める熊沢武夫。彼が東京で買ったネーム入りのコートが、故郷・長崎で発見された。だが武夫の部屋のクローゼットには新品のコートがかかったままーー。なぜ、まったく同じコートがこの世に二つ存在するのか? 謎を追いかける武夫の前に、ある女性の存在が浮かび上がる。3・11後の世界を舞台に「生きること」の実相を描く。

六月の輝き六月の輝き(集英社文庫)
著者: 乾ルカ
価格: 551円7%OFF!


戻りたい。きらめく光で満ちていた、あの季節へとーー。気が強くて元気な美奈子と、病弱で優しい美耶。同じ誕生日、隣同士の家に生まれた二人は、互いに傍にいることが当たり前の「特別」な存在だった。だが、11歳の夏、美耶の持つ「ある力」がきっかけで二人の関係は壊れてしまう。すれちがったまま残酷に過ぎていく月日が、やがて優しい奇跡を呼び……。少女たちを繋ぐ、不思議な“絆”の物語。

舞妓はレディ舞妓はレディ(幻冬舎文庫)
著者: 周防正行白石まみ
価格: 437円11%OFF!


「舞妓になりたい!」。京都の花街に、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル少女・春子がやってきた。風変わりな大学教授の計らいで舞妓見習いになった彼女だが、京ことばに四苦八苦、舞踊や鼓や三味線の稽古では失敗ばかり。それでも春子は前を向く。京の花街に生きる本物のレディになる日を夢見てーー。豪華絢爛に描く舞妓エンターテインメント小説!

女の子は、明日も。女の子は、明日も。(幻冬舎単行本)
著者: 飛鳥井千砂
価格: 1,200円25%OFF!


高校卒業後14年ぶりに再会した女性四人。年上の医師を略奪し結婚した専業主婦・満里子。企画が通らない女性誌編集者・悠希。夫婦仲は良いけれど子供ができず、不妊治療をはじめたマッサージ師・仁美。売れた途端に周りからの嫉妬にさらされる翻訳家・理央。仕事の焦り、経済的な引け目、夫との関係、子宮内膜症などの体の問題……。互いの存在に苦しめられ、また救われもする同性の友情を、丁寧に描いた。物語の中の女友達の言葉が読み手の心に染み、自分を愛せるようになる傑作。

腐葉土(木部美智子シリーズ)腐葉土(木部美智子シリーズ)(集英社文庫)
著者: 望月諒子
価格: 832円7%OFF!


笹本弥生という資産家の老女が、高級老人ホームで殺害されているのが見つかった。いつもお金をせびっている孫の犯行なのか? そこに生き別れたもう一人の孫という男が名乗りでる。詐欺事件や弁護士の謎の事故死が、複雑に絡まりはじめーー。関東大震災、東京大空襲を生き延び、焦土の中、女ひとりでヤミ市でのし上がり、冷徹な金貸しとなった弥生の人生の結末とは。骨太ミステリーの傑作長編。

金の月のマヤ1.黒のエルマニオ(本文さし絵入り版)金の月のマヤ 1.黒のエルマニオ(本文さし絵入り版)
著者: 田森庸介
価格: 1,000円7%OFF!


あの興奮、感動がよみがえる!伝説的名RPG「ポポロクロイス物語」のコンビが贈る壮大な学園ファンタジー!ある日とつぜん異世界<シャドゥイン>へと迷い込んだ、黄昏小学四年生の観月マヤ。彼女がこの世界に呼ばれたのには、理由があった。マヤは、精霊エルマをあやつる魔法使い<エルマニオ>になり、闇ににおおわれつつあるこの世界を救うという、「救世主」としての使命を負っていたのだ…

ハングリーゴーストとぼくらの夏ハングリーゴーストとぼくらの夏
著者: 長江優子
価格: 1,134円19%OFF!


ーー「あの塔が戦争中に日本人に殺されたシンガポール人の記念碑と知ったとき、ちょっとショックだった。そういうの、こっちにいれば、だれだってあるよ。私たちは日本にいる子たちよりはやく、底のない万華鏡をのぞいたんだよ」 小学6年生の間中朝芽(まなかはじめ)は、父親の転勤でシンガポールの日本人学校に通うことになった。そこではじめて、加害の歴史に触れる……。史実をもとに描かれる「共生」をテーマにした物語。

警視庁公安部・青山望濁流資金警視庁公安部・青山望 濁流資金(文春文庫)
著者: 濱 嘉之
価格: 690円


絶好調の文庫オリジナルシリーズ第五弾! 消えた仮想通貨を追え!仮想通貨取引所の社長が暗殺された。人事異動で警視庁公安部に復帰した青山望は同期カルテットとともに事件を追うが、同時に、政財界のホープが次々と不審死する事件も発生。やがて青山は二つの事件の背後に、日本の表と裏の権力者たちによる壮大な陰謀の存在を察知するーー。

天切り松闇がたり第五巻ライムライト天切り松 闇がたり 第五巻 ライムライト(集英社文庫)
著者: 浅田次郎
価格: 1,296円20%OFF!


時は昭和七年。チャールズ・チャップリンの来日を控え、華やぐ東京の街。その裏で、血気に逸る軍人たちの陰謀がひそかに進行していた。五・一五事件の前日に来日した大スター、チャップリンの知られざる暗殺計画とはーー。粋と仁義を体現する伝説の夜盗たちが、昭和の帝都を駆け抜ける。目細の安吉一家が挑んだ、一世一代の大勝負とは? 人気シリーズ、最新刊。表題作「ライムライト」ほか5編を収録。

寝台特急「サンライズ出雲」の殺意(新潮文庫)寝台特急「サンライズ出雲」の殺意(新潮文庫)(新潮文庫)
著者: 西村京太郎
価格: 510円


新興の不動産会社社長・岡本敬一郎のマンションで、銀座のママが殺された。その数時間後、寝台特急「サンライズ出雲」の個室寝台が爆破されるが、狙われた男は直前に途中下車し、姿を消していた。さらに、岡本が狙撃されるという事件が発生。狙撃は失敗に終わるが、犯人は警察の追跡を巧みに躱す。殺人と列車爆破と狙撃事件。三つの謎を追う十津川警部の前に、驚愕の事実が……!

アド・バードアド・バード(集英社文庫)
著者: 椎名誠
価格: 907円7%OFF!


【第11回日本SF大賞受賞作】マサルと菊丸の兄弟は、行方不明の父親を探しに、マザーK市へと冒険の旅に出たーー。そこは、異常発達した広告が全てを支配する驚愕の未来都市だった! 赤舌、地ばしり、蚊喰い虫……珍妙不可思議な生物たちの乱舞。どこかなつかしさを誘う歌声。椎名誠独自の世界を打ち立てた記念碑的長編。

バイロケーションバイロケーション(角川ホラー文庫)
著者: 法条 遥
価格: 660円8%OFF!


画家を志す忍は、自分と同じ人間が現れる奇妙な事態に遭遇。同じ境遇で悩む人々は、それをバイロケーションと呼んでいた。新たな二重存在を提示した、第17回日本ホラー小説大賞長編賞受賞の新感覚ホラー!

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?