[終了] カドフェス×小説セールクーポン併用で、角川ホラー小説10冊が55〜56%OFF+20%ポイント還元!/お台場アイランドベイビー/消失グラデーション/黒い家/ウラミズ/ホーンテッド・キャンパス/姉飼/他

140711-sale-kadokawa-horror.png

角川文庫 夏のキャンペーン〈カドフェス 2014〉で、週替わりセール(クーポン不要)を開催しています。w

今週のセール対象作品は、角川ホラー文庫から10作品

これに、ただいま開催中の〈小説 30%OFFセール〉のクーポンを使用することでさらに割引になり、対象作品が55〜56%OFFで買えます!週替わりセールなので7月17日(金)朝まで!

あ、さらにポイント20倍です!

55〜56%OFF+ポイント20倍の対象作品!

お台場アイランドベイビーお台場アイランドベイビー(角川文庫)
著者: 伊与原 新
価格: 885円クーポンで392円 (55%OFF!)


日本を壊滅寸前にした震災から4年後、刑事崩れのヤクザ巽は不思議な少年・丈太と出会う。彼の出生の謎、消える子供達、財宝伝説ーー全ての答えが禁断の地お台場にあると知った二人は潜入を試みるがーー!?

消失グラデーション消失グラデーション(角川文庫)
著者: 長沢 樹
価格: 734円クーポンで334円 (54%OFF!)


とある高校のバスケ部員椎名康は、屋上から転落した少女に出くわす。しかし、少女は忽然と姿を消した!? 監視された空間で起こった目撃者不在の“少女消失”事件!審査員を驚愕させた横溝賞大賞受賞作登場!!

黒い家黒い家(角川ホラー文庫)
著者: 貴志 祐介
価格: 734円クーポンで324円 (55%OFF!)


若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに……。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞受賞作。

雪冤雪冤(角川文庫)
著者: 大門 剛明
価格: 679円クーポンで304円 (55%OFF!)


15年前、京都。男子学生と十九歳の女性が殺され、一人の男が逮捕された。元弁護士の八木沼悦史は、死刑囚となった息子・慎一の冤罪を信じ、一人活動をしていた。だが、息子は面会を拒絶、弁護士に無罪を訴える手記を手渡す。一方、殺された女性の妹・菜摘に、真犯人を名乗る人物・メロスから電話が。メロスは悦史に自首の代償として五千万円を要求するがーー。驚愕のラスト、横溝正史ミステリ大賞の傑作・社会派ミステリ!

ウラミズウラミズ(角川ホラー文庫)
著者: 佐島 佑
価格: 637円クーポンで285円 (55%OFF!)


霊が視えてしまう真城と、視えないけれどペットボトルの水に霊を溶かす力を持つ早音。その水を二つ混ぜることで強力な霊を発生させる”ウラミズ”を作り出した二人は、その水を売ってみようと思いつくが……。

長い腕長い腕(角川文庫)
著者: 川崎 草志
価格: 637円クーポンで285円 (55%OFF!)


ゲーム制作会社で働く汐路は、同僚がビルから転落死する瞬間を目撃する。衝撃を受ける彼女に、故郷・早瀬で暮らす姉から電話が入る。故郷の中学で女子学生が同級生を猟銃で射殺するという事件が起きたのだ。汐路は同僚と女子学生が同一のキャラクターグッズを身に着けていたことに気づき、故郷に戻って事件の調査を始めるのだが……。現代社会の「歪み」を描き切った衝撃のミステリ! 第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

ホーンテッド・キャンパスホーンテッド・キャンパス(角川ホラー文庫)
著者: 櫛木 理宇
価格: 596円クーポンで265円 (55%OFF!)


八神森司は、幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生。片想いの美少女こよみのために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。ある日、オカ研に悩める男が現れた。その悩みとは、「部屋の壁に浮き出た女の顔の染みが、引っ越しても追ってくる」というもので……。次々もたらされる怪奇現象のお悩みに、個性的なオカ研メンバーが大活躍。第19回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞の青春オカルトミステリ!

夜市夜市(角川ホラー文庫)
著者: 恒川 光太郎
価格: 555円クーポンで245円 (55%OFF!)


妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れたーー。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング! 魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

ぼっけえ、きょうてえぼっけえ、きょうてえ(角川ホラー文庫)
著者: 岩井 志麻子
価格: 514円クーポンで226円 (56%OFF!)


「教えたら旦那さんほんまに寝られんよになる。……この先ずっとな」時は明治、岡山の遊郭で醜い女郎が寝つかれぬ客にぽつり、ぽつりと語り始めた身の上話。残酷で孤独な彼女の人生には、ある秘密が隠されていた……。岡山地方の方言で「とても、怖い」という意の表題作ほか三篇。文学界に新境地を切り拓き、日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞を受賞した怪奇文学の新古典。

姉飼姉飼(角川ホラー文庫)
著者: 遠藤 徹
価格: 473円クーポンで206円 (56%OFF!)


さぞ、いい声で鳴くんだろうねぇ、君の姉はーー。蚊吸豚による、村の繁栄を祝う脂祭りの夜。小学生の僕は縁日で、からだを串刺しにされ、伸び放題の髪と爪を振り回しながら凶暴にうめき叫ぶ「姉」を見る。どうにかして、「姉」を手に入れたい……。僕は烈しい執着にとりつかれてゆく。「選考委員への挑戦か!?」と、選考会で物議を醸した日本ホラー小説大賞受賞作「姉飼」はじめ四篇を収録した、カルトホラーの怪作短篇集!

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?