Kobo【小説・エッセイ】新刊まとめ!/ぼくの守る星/箱庭図書館/推定脅威/雀蜂/燃えよ剣/アンネの日記/いつもの毎日。 松浦弥太郎/他(6月24〜30日)

140701-weekly-novel.png

この1週間(6月24〜6月30日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

6月26日の新刊の記事を書いた後にいろいろ追加発売されていたようなので、今回の記事でそのあたりもご紹介します!

この1週間に発売された小説・エッセイから

ぼくの守る星ぼくの守る星(集英社文芸単行本)
著者: 神田茜
価格: 1,037円 259円(19%)お得


ディスレクシア(読み書き困難)のため生きづらさを抱える翔。息子のハンディキャップを受け止めきれずにいる両親。家族関係に悩みを抱えるクラスメイトの山上と中島。人生のはじまりの時間を生きる少年少女たちと、人生のとまどいの時間を生きる大人たち。それぞれの思いが交差した先に灯る、小さな光を描く連作短編集。

箱庭図書館箱庭図書館(集英社文庫)
著者: 乙一
価格: 594円 54円(8%)お得


僕が小説を書くようになったのには、心に秘めた理由があった(「小説家のつくり方」)。ふたりぼっちの文芸部で、先輩と過ごしたイタい毎日(「青春絶縁体」)。雪面の靴跡にみちびかれた、不思議なめぐり会い(「ホワイト・ステップ」)。“物語を紡ぐ町”で、ときに切なく、ときに温かく、奇跡のように重なり合う6つのストーリー。ミステリ、ホラー、恋愛、青春……乙一の魅力すべてが詰まった傑作短編集!

燃えよ剣(上)燃えよ剣(上)(文春文庫)
著者: 司馬遼太郎
価格: 750円 978円(56%)お得


新選組副長、土方歳三を描いた司馬遼太郎の代表作が、ついに電子書籍で登場。武州から出てきた土くさい田舎剣士、土方歳三。天然理心流四代目の剣豪、近藤勇と出会ったとき、歳三の人生、そして幕末史は回転し始める。

燃えよ剣(下)燃えよ剣(下)(文春文庫)
著者: 司馬遼太郎
価格: 750円 978円(56%)お得
アンネの日記増補新訂版アンネの日記 増補新訂版(文春文庫)
著者: アンネ・フランク
価格: 880円 60円(6%)お得


実は、アンネの綴った日記は二種類あります。アンネが自分のためだけに書いたものと、後の公開を期して清書したもの。そのふたつを編集し直した〈完全版〉をもとに、さらに1998年に発見された5ページ分を加えたのが本書〈増補新訂版〉です。尋常ではない環境の中で、13歳から15歳という思春期を過ごした少女の夢と悩みが、より瑞々しく蘇り、私たちの胸を打ちます。平和を愛し、誰かを愛するすべての人に改めて贈る、永遠不滅の一冊です。

推定脅威推定脅威(文春e-book)
著者: 未須本有生
価格: 1,300円 158円(10%)お得


2014年松本清張賞受賞作誰よりも戦闘機を知る著者が描く、理系ミステリーの決定版! 自衛隊戦闘機「TF-1」が、スクランブル飛行中に墜落した。この異様な事故を受け、防衛省は機体を製造する浜松の航空機メーカー、四星工業にその検証を依頼する。四星工業では入社三年目の技術者、沢本由佳が上司の永田とともに業務にあたっていた。シミュレーションの結果、事故はパイロットの単純な誤操作によるものだと判断されたが…

刑事の約束刑事の約束
著者: 薬丸岳
価格: 1,350円 324円(19%)お得


植物状態の娘を持つ刑事・夏目信人(なつめのぶひと)。夏目は5つの事件に対し、誰も気づけない手がかりから鮮やかに謎を解いていく。抜き差しならない状況に追い込まれた事件関係者たちの心を見つめる夏目が、最後にした”約束”とは。無類の題材、怒濤の展開、衝撃の結末。いまも近くで起きているかもしれない事件を取り上げ、圧巻の筆致で畳み掛ける、乱歩賞作家・薬丸岳の真骨頂! あなたは五度驚き、五度涙する!

雀蜂雀蜂(角川ホラー文庫)
著者: 貴志 祐介
価格: 364円 198円(35%)お得


雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!

カッコウの呼び声私立探偵コーモラン・ストライク上下合本版カッコウの呼び声 私立探偵コーモラン・ストライク 上下合本版
著者: ロバート・ガルブレイス池田真紀子
価格: 3,240円


悩みを抱えたスーパー・モデルが、ある雪の日に高級住宅街のバルコニーから墜落死した。自殺と断定した警察を疑った兄は、私立探偵コーモラン・ストライクに調査を依頼する。ストライクはオックスフォードを中退後従軍し、アフガン戦争で片足切断、借金まみれでフィアンセにも逃げられ最低の人生を送っていた。これは大きなヤマだ。この事件が運命を変えるきっかけになるかもしれない……。しがない私立探偵と派遣秘書の大活躍!

家族写真家族写真
著者: 荻原浩
価格: 1,242円 270円(17%)お得


娘の結婚、加齢に肥満、マイホーム購入、父親の脳梗塞……家族に訪れる悲喜こもごもを、ときに痛快に、ときに切なく描き、笑ったあとにじんわり心に沁みてくる、これぞ荻原浩!の珠玉の家族小説。勝手でわがまま、見栄っ張り、失礼なことを平気で言って、うっとうしいけどいないと困る、愛すべき家族の物語。

人生相談。人生相談。
著者: 真梨幸子
価格: 1,296円 324円(20%)お得


大洋新聞の名物コーナー「よろず相談室」。居候に家を追い出されそうになっているという深刻なものから、西城秀樹に会いたいなどという夢見がちなものまで、毎日様々な人生相談が投稿されてくる。一見なんの関連もなさそうな相談の裏に、実は衝撃の事件が隠されていたーー。次々と投稿される悩みの終末を、誰が想像することができただろうか?!

いつもの毎日。衣食住と仕事いつもの毎日。衣食住と仕事(集英社文庫)
著者: 松浦弥太郎
価格: 380円 95円(20%)お得


「ベーシック探しは、いつも新しい自分であるためのスタートラインを見つけること。いつもの毎日を送るための一歩です。」(「はじめに」より)どうすれば心地よく、日々の仕事や暮らしができるのか? 『暮しの手帖』編集長が自らに問いかけ続けて見つけた、自分らしいベーシックなかたち。毎日を豊かにするヒントがたくさん詰まったエッセイ集です。

シモネッタのどこまでいっても男と女シモネッタのどこまでいっても男と女
著者: 田丸公美子
価格: 1,296円 324円(20%)お得


「四十過ぎて好きになった飴はやめられない」と、イタリア男に三百通を超えるラブレターで口説かれて……百戦錬磨のシモネッタが繰り広げる、涙と笑いの人生劇場。イタリア語同時通訳者として第一人者の著者が、若き日々、己が人生を振り返って綴る、痛快無比のエッセイ。

心霊探偵八雲ANOTHERFILES祈りの柩心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩(角川文庫)
著者: 神永 学
価格: 640円 51円(7%)お得


大学生の佐和子は、恐ろしい言い伝えがある泉でずぶ濡れの女の幽霊を目撃してから、謎の歌を口にし始めるーー八雲に持ち込まれた幽霊騒動は、語られることのなかった後藤刑事の過去へとつながっていた!?

櫻子さんの足下には死体が埋まっている冬の記憶と時の地図櫻子さんの足下には死体が埋まっている 冬の記憶と時の地図(角川文庫)
著者:
太田 紫織

価格: 520円 42円(7%)お得


平凡な高校生の正太郎と、鋭い観察眼を持つ骨フェチ美女の櫻子。息の合ったコンビで、死にまつわる謎を解明してきた二人だが、因縁の事件の調査のため、函館に旅をすることになり・・・。シリーズ初の長編!

ドパミナジックドパミナジック(角川学芸出版単行本)
著者: 内田 春菊
価格: 1,120円 392円(25%)お得


生活の中に開いた「萌の穴」にうっかり落ちると、ドーパミンがあなたを支配し、動悸、食欲不振、不眠、社会性の喪失、根拠なき幸福感などが襲いかかります。これは、落ちないための12の短編小説です。ーー内田春菊※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

あなたにつながる記憶のすべてあなたにつながる記憶のすべて
著者: 小手鞠るい
価格: 1,280円 448円(25%)お得


職場の後輩だった女の子、はじめての仕事をくれた編集者、何通もの手紙をやりとりして別れた人、若くして旅だった詩人、亡き祖母、大好きな仕事のパートナー……亡くなってしまった、音信不通の、今はもう会うことのできない人々への思いを、記憶だけをたよりに綴る私小説的短編集。

雨の降る日は学校に行かない雨の降る日は学校に行かない(集英社文芸単行本)
著者: 相沢沙呼
価格: 1,123円 281円(20%)お得


昼下がりの保健室。そこは教室に居場所のないサエとナツのささやかな楽園だった。けれどサエが突然“自分のクラスに戻る”と言い出してー(『ねぇ、卵の殻が付いている』より)。“お父さん、お母さん、先立つ不孝をお許しください”。早朝の教室で毎日手帳に書いていた架空の遺書。その手帳を偶然にも人気者の同級生が拾ってしまうー(『死にたいノート』より)。揺れ動く6人の中学生の心を綴る6つのストーリー。

おい!山田おい!山田
著者: 安藤祐介
価格: 1,242円 270円(17%)お得


「おい山田、お前今日からゆるキャラな」大翔製菓・広報宣伝部に異動した山田は、そのままのサラリーマン姿でゆるキャラとなり、新製品「ガリチョコバー」のPRをすることに! 「わかりました。私が山田さんをプロデュースします。打合せしましょう」同僚の水嶋里美は突然立ち上がったプロジェクトに戸惑いつつも、持ち前の負けん気の強さで引き受けた。笑いと涙の、ノンストップゆるキャラスペクタクル!

毛深い闇毛深い闇
著者: 園子温
価格: 1,040円


少女の眼から角膜を剥がす不可解な殺人事件。女刑事の娘・切子は母親より早く犯人に辿り着こうと悪魔画廊を探るが……映画界の鬼才が母娘の闇に迫る傑作小説。高橋源一郎・村上龍氏推薦!

夜明けのカノープス夜明けのカノープス
著者: 穂高明
価格: 1,120円 392円(25%)お得


教師への夢を諦め、教育系出版社で働く映子。仕事はコピーとりやお使いと雑用ばかり、中学時代の憧れの先輩・若田への恋も叶いそうにない。どうせ契約社員だから……先輩とは住んでいる世界が違うから……と、自分を持て余す日々を送っていた。ところが、仕事を通じて生き別れた父と再会した映子は、それをきっかけに、少しずつ前に進み始める……。その一歩を踏み出せない「こじらせ女子」の逡巡が、ひりひりと沁みる感動長編。

太陽が死んだ夜太陽が死んだ夜(創元推理文庫)
著者: 月原渉
価格: 685円 179円(20%)お得


第二次大戦中ニュージーランドの捕虜収容所と、全寮制の女子校で相次いで起きた密室殺人。41年後、同じ女子校で再び残虐な少女連続殺人が──。少女たちを脅かす封印された謎とは?注目の新鋭が贈る本格ミステリ! 第20回鮎川哲也賞受賞作。

夜の床屋夜の床屋(創元推理文庫)
著者: 沢村浩輔
価格: 630円 169円(21%)お得


とびきり奇妙な「謎」の世界へ、ようこそ。無人駅前に深夜、ぽつんと明かりがともる床屋。好奇心から近づいた僕らを待ち受けていたのはーー第4回ミステリーズ!新人賞受賞作「夜の床屋」をはじめ、奇妙な事件に思いがけない結末が待ち受ける、全7編を収録。新鋭による不可思議でチャーミングな連作ミステリ。

逆風の街横浜みなとみらい署暴力犯係逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係(徳間文庫)
著者: 今野敏
価格: 629円 50円(7%)お得


神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!? ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!

謙信の軍配者(上)謙信の軍配者(上)(中公文庫)
著者: 富樫倫太郎
価格: 450円 220円(32%)お得


信濃の守護・小笠原長時との戦で、窮地に陥った武田軍を、自らの軍配で救い、無敵の軍団に変貌させた山本勘助。一方、曾我冬之助は、予測不能な天才・長尾景虎の軍配者となった。だが、景虎と彼に反目する家臣団との対立を目の当たりにしてしまうーー。第三の軍配者・冬之助は、好敵手・勘助率いる武田軍と戦場で、相見えることができるのか!?

前回のまとめ

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?