楽天マンガ開始!え?Kobo終了するの? 楽天の2つの電子書籍サービスを比べてみた

140421 news rakutenmanga

(すみません、タイトルで若干釣りました)

楽天が4月20日、スマホ向けの電子書籍コミックストア「楽天マンガ」をオープンしました(ニュースリリース)。

ここでは楽天の電子書籍サービス「楽天Kobo」と「楽天マンガ」がどう違うのか、比較してみます。

楽天マンガってなに?

楽天マンガとは、楽天が提供するコミックに特化したスマートフォン向けの電子書籍ストアとiOS&Androidアプリです。オープン時の取扱とミックス数は9万冊

Rakutenmanga app

専用の仮想通貨「メダル」を事前に購入して電子コミックを買うしくみです。決済は「楽天ID決済」のほか、ドコモやauの決済サービスにも対応しています(SoftBankは近日対応予定)。

楽天マンガは楽天単独のサービスではなく、LINEマンガなどの電子コミックサービスにも関わっている電子予書籍取次の株式会社メディアドゥとの共同事業だそうです。

楽天マンガの特長は?

ここからは、管理人が1日楽天マンガを使ってみて感じた、「楽天Kobo」と「楽天マンガ」の違い、特長、メリット・デメリットなどをご紹介します。

Rakutenmanga00

マンガに特化

Koboと比べると、楽天マンガはコミックに特化しています。つまり小説やビジネス書などの読み物、雑誌などは提供されていません。

メダルで買う

電子コミックはメダルというストア内の仮想通貨を購入してから、そのメダルと電子コミックを引き換えます。LINEマンガと仕組みは一緒ですね。

ちなみにメダルは前述のとおり、楽天ID、ドコモSPモード決済、auかんたん決済などで購入できます。単発で購入できるのでが、月額コースを選ぶと少しだけメダルがおまけで付与されるようです。ちなみにおまけ率は楽天IDでの決済がいちばんお得です。(1,000メダル購入の場合、おまけは楽天IDは200メダル、ドコモ決済は150メダル)

アプリもストアもシンプル

楽天Koboと比べると、楽天マンガは良くも悪くもいろいろとシンプルな作りでした。まず、コミックに特化して配信しているので「アプリ」の作りがシンプル。文字サイズを変えたりハイライト(大事な文字に線をひく)機能も必要ありません。

一方で、電子コミックを購入する「ストア」の作りもシンプル。でもシンプルすぎてジャンルごとにコミックを探したり、ランキング以外で並び替えできないので、今は人気のコミックから探すか、書名で検索するくらいしか本の探し方がありません。こちらはもうちょっと便利な機能を増やしてほしいです。

あと、楽天マンガのPC版サイトが潔すぎるので、せめてtitleタグくらいは入れてほしいです(たぶん急いで作ったのでしょうけれど。お疲れさまです)。

楽天マンガの良いところ

楽天Koboと比較して、楽天マンガに感じたメリットをご紹介します。

外部記憶メディアに保存できる

まずはこれ!とにかくこれ!楽天マンガのAndroidアプリでは、コミックのデータをSDカードに保存できるように設定できました!Android端末の場合は本体の保存領域が少ないことが多いので、うれいしいです。KoboもはやくSDカードに保存できるようにしてくれ。

Rakutenmanga sdcard

あんな本こんな本を隠せる

通常の本棚とは別に「鍵付き本棚」という機能があり、4桁のパスワードを打たないと閲覧できない本棚があります。これで、人に見せたくない電子書籍の保存も困りません。アダルトな電子書籍を読みたい方、特殊な嗜好をお持ちの方、子供に見せたくない電子書籍の保管にも使えそうです。あれ…でも、楽天マンガってそもそもアダルトコミックは、ない…?

Rakutenmanga secret

縦スクロールできる

Kindleや楽天Koboの電子書籍リーダーはコミックを横にスワイプ(スクロール)して見ていきますが、楽天マンガは横スワイプに加え、縦にもスワイプして次のページに移動できます。たしかにスマホって縦にスワイプするほうが自然ですよね〜。さすがLINEマンガなどでスマホ向けコミックのノウハウがあるメディアドゥ。

まとめ買いが超カンタン

複数巻出ているコミックを全巻まとめて買う「まとめ買い」がボタンひとつでできてしまいます。Koboにこのボタン付いたら頻繁に使ってしまいそうで危険。

ダウンロード中でも読める

コミックを購入して、端末にコミックをダウンロードしている途中でも読みはじめられます。地味に便利。Koboってダウンロードが完了しないと本が開けないんですよね。

楽天マンガの残念なところ

ここからは、使ってみて残念に思ったデメリットをご紹介します。

PCからは買えない

上で紹介したように、PC版サイトはあんな残念な感じなので、PCからは電子コミックを購入することはできません。PCデ購入→電子書籍リーダーで読書、に慣れているような方は、スマホで検索して購入するのにストレスを感じる方もいるかも?(そうじゃないスマホ世代の人をターゲットにしたサービスなんでしょうけれど)

スマホでしか見られない

「スマートフォン向け」だけあって、電子書籍リーダーはありません。PC版の閲覧アプリもありません。iPad・Androidタブレットはまだ試せていないんですが、どうなんでしょうか?せめてiPadでは見たいけど。

マンガだけ

「コミックに特化」といっているだけに、コミック(マンガ)しかありません。小説もミステリーもビジネス書もBL小説もハーレクイン小説も官能小説もありません。

ジャンルがおおざっぱかも

検索しようとすると「少年コミック」「恋愛・ラブコメ」「「学園」などおおざっぱなジャンルは出てきました(ページ上部のジャンルを押しても出てこないのでわかりづらい)。でもBLとかTLとかないんですよね。

Rakutenmanga category

価格が高い

楽天KoboやKindleのセール価格に馴れてしまうと、通常価格の楽天マンガは1冊の価格が高く感じました。たとえば『ちはやふる』は楽天マンガでは400メダル(432円相当)ですが、Koboなら20%還元されるし、よくセール価格にもなってるんですよね〜。

取扱数が少ない

取り扱いコミック数が9万冊(Koboは11万冊?)ということですが、Koboにはあって楽天マンガにはない作品が結構ありそうです。期間限定で40%ポイント還元(+20%還元+15%クーポン併用可)になっている『プリニウス』や、ただいま青年部門でランキング3位の『ウロボロス』は、楽天マンガでは取り扱いがありません。

よくわからない点

まだ把握しきれていないこともいくつかあります。コミック新刊のリリース日ってどうなんでしょうね?KindleやKoboと同日配信なのかな?それから、タブレットをお持ちの方、タブレットでも楽天マンガって見られてます?

結局、楽天マンガとKobo、どっち?

小説やビジネス書も読めるKoboに対して、楽天マンガはコミックに特化した電子書籍サービスです、しかもPCは捨て、スマホ向けと割り切っています。そういう意味では、コミック以外も読む電子書籍ユーザーは楽天マンガは論外。

あとは、コミックだけを利用する電子書籍ユーザーの場合ですが…。あんでもスマホで済ませちゃう若者や、安さより手軽さがだいじな人は「楽天マンガ」、ぼくらのようなPCもスマホも使うオジサン&オバサン、取扱数にこだわるヘビーユーザー、安さや楽天ポイントに魅力を感じている人、BL小説読者、アダルト作品読者などはは「楽天Kobo」使っとけって感じでしょうかね〜?

ま、楽天マンガと楽天Koboはまったく別モノなので、楽天マンガが始まったからといって楽天Koboが無くなるわけではない、ということだけは言えそうですね!

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?