パナマ文書とは?今世界中に波紋を広げているタックスヘイブンについて、Koboの電子書籍でよくわかりますよ

140407 book taxhaven

パナマ文書」が世界中に波紋を広げて話題になってますねー。この機密文書が原因でアイスランドの大統領は辞任にまで追い込まれてしまいました。でも、パナマ文書に記録されている富裕層の人々がはたして皆、「脱税」をしていて「違法」なのでしょうか?

よくわかれなければ、バハマやケイマン諸島などの租税回避地、オフショア金融センター、マネーロンダリング、日本の税金のしくみについて、楽天Koboの電子書籍でどうぞ!ビジネス書から橘玲さんの小説まで、「タックスヘイブン」についてよくわかる本をピックアップしてご紹介します。

タックスヘイブンや税金についての電子書籍

世界の権力者が寵愛した銀行タックスヘイブンの秘密を暴露した行員の告白世界の権力者が寵愛した銀行 タックスヘイブンの秘密を暴露した行員の告白
エルヴェ・ファルチャーニ

価格: 1,404円 324円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

金融史上最大の顧客データリーク事件が明かしたプライベートバンクと大富豪、政治権力者の闇のコネクション。あなたはまだ銀行の本当の存在理由を知らないーー。世界の大富豪やVIPが銀行とタックスヘイブンを利用して密かに行う巨額脱税やマネーロンダリング。その証拠を課税当局に差し出すために、スイスのプライベートバンク13万人の顧客データをリークした当事者による命がけの手記!

タックスヘイヴンTaxHavenタックスヘイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)
橘玲

価格: 791円 40円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

東南アジアでもっとも成功した金融マネージャー北川が、シンガポールのホテルで転落死した。自殺か他殺か。同時に名門スイス銀行の山之辺が失踪、1000億円が消えた。金融洗浄(マネーロンダリング)、ODA、原発輸出、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ……。名門銀行が絶対に知られたくない秘密、そしてすべてを操る男の存在とは? 国際金融情報小説の傑作!
・姉妹作品である『マネーロンダリング』『永遠の旅行者』(上)(下)もあわせてお読みください。

マネーロンダリングマネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘玲

価格: 743円 38円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

香港在住で、もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。「五億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」彼女の要求は、脱税の指南だった。四ヶ月後、麗子は消えた。五億ではなく五十億の金とともに。すぐに工藤は東京へ。麗子と五十億の金はどこへ? マネーを知り尽くした著者による驚天動地の金融情報小説!

『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン』合本版【電子版限定】『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン』合本版【電子版限定】
橘玲

価格: 1,227円

→ブクログでレビューを見る

パナマ文書の流出により注目を集めるタックスヘイヴン(租税回避地)。
このタックスヘイヴンをテーマにした金融小説『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン Tax Haven』が、電子書籍限定の合本版で登場!■『マネーロンダリング』
香港在住で、もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。
「5億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」彼女の要求は、脱税の指南だった。
4ヶ月後、麗子は消えた。
5億ではなく50億の金とともに。
すぐに工藤は東京へ。
麗子と50億の金はどこへ?
マネーを知り尽くした著者による驚天動地の金融情報小説!■『タックスヘイヴン Tax Haven』
東南アジアでもっとも成功した金融マネージャー北川が、シンガポールのホテルで転落死した。
自殺か他殺か。
同時に名門スイス銀行の山之辺が失踪、1000億円が消えた。
金融洗浄(マネーロンダリング)、ODA、原発輸出、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ……。
名門銀行が絶対に知られたくない秘密、そしてすべてを操る男の存在とは?
国際金融情報小説の傑作!※本作品は『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン Tax Haven』を1冊にまとめたものです。
※姉妹作品である『永遠の旅行者』もあわせてお読みください。

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ投資と税金篇2016ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016
安間伸

価格: 1,944円

→ブクログでレビューを見る

「投資と税制、手数料の深い闇」を突いて好評を博した前書を全面改訂。単なる制度の解説に止まらず、マイナンバーなど新制度をどう使えば儲かるのか? 誰もが知りたいノウハウをズバリ解説する。◎制度改正の目玉は非課税特典の廃止
◎マイナンバー制導入で所得が丸見えに
◎2015年末で債券やMMFの非課税特典がなくなる
◎申告不要制度を活用するなど高度な税務戦略も必要
◎NISAを有効に活用できるのは「ミドルリスク・ミドルリターン商品」
◎総合課税の譲渡所得は高額所得者にとってかなり使えるが、雑所得は最悪
◎外貨預金は「利子所得+雑所得」となる最悪の商品
◎「損益通算」と「損失の繰越し」を活用せよ
【主な内容】
◎制度改正の目玉は非課税特典の廃止◎マイナンバー制導入で所得が丸見えに◎2015年末で債券やMMFの非課税特典がなくなる◎申告不要制度を活用するなど高度な税務戦略も必要◎NISAを有効に活用できるのは「ミドルリスク・ミドルリターン商品」◎総合課税の譲渡所得は高額所得者にとってかなり使えるが、雑所得は最悪◎外貨預金は「利子所得+雑所得」となる最悪の商品◎「損益通算」と「損失の繰越し」を活用せよ

アングラマネータックスヘイブンから見た世界経済入門アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)
藤井厳喜

価格: 821円 43円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の還流が世界経済を揺さぶっている。その歴史と仕組み、各国最新事情を詳細に解説した画期的な書。

タックス・ヘイブン逃げていく税金タックス・ヘイブン 逃げていく税金 (岩波新書)
志賀櫻

価格: 821円

→ブクログでレビューを見る

税制の根幹を破壊する悪質な課税逃れ。そのカラクリの中心にあるのがタックス・ヘイブンだ。マネーの亡者が群れ蠢く、富を吸い込むブラックホール。市民の目の届かない場所で、税負担の公平を損なうさまざまな悪事が行なわれている。その知られざる実態を明らかにし、生活と経済へ及ぼす害悪に警鐘を鳴らす。

私たちはなぜ税金を納めるのかー租税の経済思想史ー(新潮選書)私たちはなぜ税金を納めるのかー租税の経済思想史ー(新潮選書) (新潮選書)
諸富徹

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

市民にとって納税は義務なのか、権利なのか? また、国家にとって租税は財源調達手段なのか、それとも政策遂行手段なのか? 17世紀の市民革命から21世紀のEU金融取引税まで、ジョン・ロックからケインズそしてジェームズ・トービンまでーー世界の税制とその経済思想の流れを辿り、「税」の本質を多角的に解き明かす。

世界の超富裕層だけがやっているお金の習慣世界の超富裕層だけがやっているお金の習慣
岡村聡

価格: 756円 756円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

資産36億円以上の「ウルトラ・リッチ」たちのアドバイザーが解き明かす、「振る舞い」「人付き合い」「生活」「教育」「マネー」についての人生をより豊かにする30の法則。

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」
俣野成敏

価格: 1,404円

→ブクログでレビューを見る

不透明かつ不安定な世の中を切り抜けていくには、「お金に働いてもらう」ことを覚え、実行することが重要です。ビジネスパーソンの枠を飛び越えた2人のカリスマが、知りたいと思いつつ今まで知る勇気を持てなかった「お金の真実」について語ります。前半は今のあなたを取り巻く現実を、後半ではお金に対するマインドブロックを外し、お金の新常識をインストールしていきます。

税金の抜け穴国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」 (角川oneテーマ21)
大村 大次郎

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

税金に“抜け穴”があるって本当? 元国税調査官が書下ろす、税金の「正しい知識」。消費税、固定資産税、自動車税、相続税……これほど得する話はない!?身近な出来事・裏話から、税制のカラクリがわかります。

税務署VS脱税者どんな善人でも税金はごまかす税務署VS脱税者 どんな善人でも税金はごまかす (角川SSC新書)
大村 大次郎

価格: 670円 172円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

税務署には「より多くの税金を取ってくる」という暗黙の命題がある。税務署員は、税金を誤魔化そうとする悪質な納税者を見つけ出し、追徴課税を狙っている。本書では、元国税調査官の著者が税務署はどのような手を使い、脱税を摘発しているのかを、具体的なエピソードを交えながら紹介していく。「税務署は正義の味方ではなく、税金をとることが使命」「脱税者は様々な手口で脱税をする」ーー税務署員は今もあなたを見張っている……。◆もくじ序章 税務調査ってなんだ?第1章 使い込みという脱税第2章 行列ができるラーメン店の脱税第3章 住職の罰当たりな脱税第4章 裏リベートという脱税手法第5章 調査官は今もあなたを見張っている第6章 隠し口座が見つかる第7章 カリスマ・ホストの巧妙な脱税第8章 領収書を偽造すれば脱税できるのか?第9章 どんな善人でも脱税する

日本の税金新版日本の税金 新版 (岩波新書)
三木義一

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

所得税、法人税、相続税、消費税、地方税。日本の税制は複雑でわかりにくい。何が問題で、どう改革すべきなのだろうか。政治家や官僚、役人に委ねられがちな税金の仕組み。市民の目線で見直せば、その改善の糸口が見えてくる。財政の行き詰まり、消費税率の引き上げが議論されるいま、必読の書である。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?